MENU

女性の薄毛のメカニズムを知るにはヘアサイクルを理解することから始まります

40代女性育毛剤

 

女性は、出産や加齢、ヘアカラー、ストレスなどが原因で薄毛になることがあります。

 

出産後の薄毛は一時的なものですが、そのほかの場合は、原因に応じた対策が必要になってきます。

 

薄毛になるメカニズムを知るために、まずヘアサイクル(髪の毛の生え変わり)からみていきましょう。

 

ヘアサイクルとは、髪の毛が頭皮から発毛から成長して、やがて脱毛していくことをいいます。1本1本の髪の毛のは、それぞれおよそ5~6年かけて発毛、成長、脱毛を繰り返しています。

 

私達の髪の毛は1日に100本程度が抜けていますが、これは、ヘアサイクル(髪の毛の生え変わり)によるもので心配は不要です。

 

しかし、抜けた髪の毛のほとんどが短くて先細りになっている場合は注意が必要です。

 

短くて先細りになっている髪の毛は、順調に成長できなかったもので、ヘアサイクルに異常が起きている可能性があります。

 

髪の毛は毛母細胞が分裂を繰り返して作られています。

 

加齢やホルモンバランスが乱れると毛母細胞の分裂が活発に行われなくなり髪の毛が成長できなくなります。

 

コシがなく柔らかい髪の毛が増えてきます。

 

また、急激なダイエットは、頭皮の血行が悪くなり栄養が行き渡らなくなるために抜け毛が増えるようになります。

 

洗浄力が強いシャンプーや短期間でのヘアカラーは、頭皮に過度な刺激を与えてしまいます。頭皮に炎症が起きると毛母細胞の分裂に悪影響を与えてしまい、髪の毛が成長できなくなってしまうのです。

 

つまり、薄毛になるメカニズムは、様々な原因によってヘアサイクルに異常が起きている状態なのです。

 

出産後の抜け毛のメカニズムについ説明します。

 

妊娠中は、女性ホルモンが活発に分泌されており、このホルモンが抜け毛を抑える働きをしています。しかし、出産後は女性ホルモン量が正常に戻るために大量の抜け毛が始まってしまうのです。

 

出産後に抜けて薄毛になっても、半年から1年程度でもとに戻りますので通常は心配はいりません。バランスの良い食生活を心がけて、頭皮の血行を促し髪の毛が成長しやすい環境を整えることが大切です。

関連ページ

失われてゆく髪のハリ・ツヤを取り戻すには?
昔は髪の毛がキレイと周りからも言われたのに、今では髪の毛のハリや艶がめっきり無くなってしまったという悩みを持つ40代女性がたくさんいます。こちらでは失いつつあるハリ・ツヤを取り戻すにはどうすれば良いのかということについてご案内しています。