MENU

40代からの女性用育毛剤選びについて、口コミデータからわかるおすすめランキングをご紹介しています。

40代というのはは若く見える女性、年相応に見える女性、年齢よりも老けて見える女性とはっきり分かれてしまうと思いませんか?

 

芸能人でも元JUDYANDMARYのYUKIちゃんや、森高千里さんなど40代に見えない!といつも感激してしまいます。40代でも若く見える女性は、体型が崩れておらず、肌の艶やハリ、髪の艶や量が多いという共通した特徴があります。

 

特に髪は女性の命とも言われるほどで、髪のボリュームや艶があるだけで断然若く見えるものです。

 

しかしながら、40代は女性ホルモンの影響で心身共に大きな曲がり角。もちろん毛髪も何もしなければ下降曲線をたどるのみです。

 

当サイトでは、40代女性におすすめの女性用育毛剤をランキング形式でご紹介していますのでどうぞご参考にしてください。

40代以降急激に抜け毛が増えてくる女性が多い

40歳は女性の髪の曲がり角といわれることがあります。つまり40代以降、急激に抜け毛が増えて薄毛に悩む女性が増えてくるのです。女性は一般的には男性よりも薄毛などに悩む人が少ないのです。

 

男性のように生え際が後退してしまったり、頭頂部の毛がなくなってしまって地肌が見えてしまうということはめったにありません。

 

女性の場合は女性ホルモンであるエストロゲンが、皮膚のすぐ下にある毛細血管を拡張するので、毛の成長期を延ばしたりヘアサイクルの寿命を延ばしたりしてくれるため、一般的には男性よりも薄毛で悩む人は少ないのです。

 

しかし女性の場合はびまん性脱毛症にかかる人がいるのが大きな特徴です。

 

40代以降に進行しやすいびまん性脱毛症とは

40代女性用育毛剤

髪の毛が細くなってしまったり、髪の毛の分け目のボリュームが減ってしまったり、髪の毛が全体的に薄くなってしまう状況のことをいいます。

 

それが40代以降急激に増えてきてしまうのです。中には20代で悩んでいる人もいます。

 

びまん性脱毛症の原因として考えられること
  • 過度なストレス
  • 栄養不足
  • エストロゲンの低下
  • 髪の毛に負担のかかるパーマやカラーリングを長年続けている
  • 紫外線に当たりすぎている
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足などの生活習慣によるもの

など、個人差もあり理由も様々です。

 

頭皮も髪の毛も肌と同じで、メラニン色素を含んでいます。よって紫外線を浴び続けると日焼けをしてしまいます。頭皮が日焼けをすると皮膚の新陳代謝が低下して老化が進みます。その状態は髪の毛の育成にも悪影響を与えてしまうのです。

 

また髪の毛が長い人に多い脱毛症としては、牽引性脱毛症というものもあります。これは長年ポニーテールやアップヘアを続けているような人に多い脱毛症で、髪の毛が引っ張られることによって起こってきてしまいます。また髪の毛が長いと地肌を洗うのが大変だったり、シャンプーが不十分なことから引き起こされることもあります。

 

抜け毛や薄毛が気になってきたという人は、女性用育毛剤の使用をおすすめします。使用する年齢が早ければ早いほど、効果を実することが出来るためおすすめです。自分の薄毛や抜け毛の原因が何なのかを知った上で、女性用育毛剤の賢い選び方や選び方のポイントを理解して、女性用育毛剤を購入するようにしましょう。

40代女性の薄毛の原因

40代女性用育毛剤

女性ホルモンの減少

女性ホルモンは、一般的には20代後半あたりから徐々に減少していきます。
とくに閉経の5年前が一番急激に女性ホルモンが減少する人が多いです。
これは一般的には更年期障害と言われています。
更年期障害は40代、50代の人に多く、女性特有の抜け毛や薄毛の原因のひとつとして考えられています。

 

この時、エストロゲンという女性ホルモンの減少が抜け毛や薄毛の原因となっています。
エストロゲンには髪の毛を伸ばしたり、髪の毛を健康にする作用があります。
エストロゲンが減るとそれまでは元気だった髪の毛が徐々に退化して薄毛になってしまうのです。
髪の毛が細くなってしまったり、一つの毛穴から生える本数も減ってしまいます。

 

40代ならではのストレスの増加

ストレスも抜け毛や薄毛を引き起こす原因の一つです。40代の女性は親の介護問題、自分の老後、子どもの進学問題など、様々なストレスの原因となる問題を抱えています。子どもが大きくなってきて少し手を離れたと思うと、また別の問題が降りかかってきたりするものなのです。

 

不規則な生活態度

40代の女性は独身でも主婦でも仕事をしている人でも、規則正しい生活を送るのが難しい状態の人が多いです。仕事をしている人はある程度の仕事を任せられるような年齢になってきていますし、子どもがいる人は子育てや旦那さんの世話もかなりの負担となってきます。
40代で更年期に入ってしまうと、さらに夜なかなか寝付けなかったり、食欲がなくなったり、逆に食欲が増えてしまったり、規則正しい生活をすることが難しくなってしまうことがあります。

 

髪の毛に負担をかける行為を長年してきた場合

若い頃からパーマやカラーリングを繰り返してきた人は、40代になるとその時のツケが回ってくる時期になります。

 

若い頃は新陳代謝もよくダメージも少なく済んでいたかもしれませんが、そろそろ新陳代謝も衰えてきて無理も出来ない年齢に差し掛かってきています。40代はパーマやカラーリングなども抜け毛の原因となっている可能性が高いので、いま一度、自分の頭皮の状態をしっかりと把握しておく必要があります。

40代女性におすすめの育毛剤と口コミ

 

40代女性用育毛剤

マイナチュレの特徴

厚労省承認の有効成分センブリ・グリチルリチン酸ジカリウム・酢酸DL-α-トコフェロールと27種の天然成分、10種のアミノ酸配合で納得の育毛ケア

  • 11種類の無添加で頭皮に優しい
  • モンドセレクション2014年〜2017年金賞受賞
  • 毛髪診断士、美容師、管理栄養士やスリープアドバイザーなどのサポートチーム完備

価格 通常5,745円
評価 評価5
備考 期間限定の定期購入で初回価格980円(税抜)、送料無料
 
 

40代女性用育毛剤

花蘭咲(カランサ)の特徴

エビネ蘭のみに含まれる特有成分「カラントサイド」「グルコインディカン」に着目しエビネ蘭エキスを配合!

  • 3種の薬用有効成分センブリエキス、ニコチン酸アミド、塩酸ピリドキシンとエビネ蘭含め10種の植物エキスをたっぷり配合
  • 初回65%OFFのお得な定期便は解約自由
  • あらゆるタイプの薄毛にアプローチ

価格 通常7,000円
評価 評価4.5
備考 初回65%OFFのお得な定期便は解約制限なし!
 

 

40代女性が女性用育毛剤を選ぶ場合以下のポイントに注意

女性用育毛剤であるかどうか

40代女性用育毛剤

男性と女性の薄毛の原因と症状は違います。

 

よって女性用育毛剤の選び方のポイントとして一番重要なのは女性用かどうかという点になります。

 

男性用を使用してしまうと、刺激の強い成分が入っていることがあるので頭皮を傷つけてしまうこともあります。現状よりも症状を悪化させてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

また、思わぬ副作用の危険性もあるので注意しましょう。

自分の体質に合っているかどうか

40代女性用育毛剤

 

自分の頭皮の状態、肌質に合うものを選択するようにしましょう。

 

女性用育毛剤も化粧品と同じで、自分の肌に合わないものもあるのです。

 

敏感肌の人は頭皮も敏感であることが多いので、敏感肌用のものを選んだり、妊娠中や産後でも使用することが出来るような育毛剤を選択するようにしましょう。

血行促進効果があるかどうか

40代女性用育毛剤

女性ホルモンが減少していると自律神経にも影響が出てきます。

 

自律神経に影響が出てくると、それに合わせて血行が悪くなっている可能性が高いです。血液は髪の毛に栄養や酸素を運ぶものなので、血行を改善することは重要です。

 

血管が縮んでしまっていても血行が悪くなってしまうので、それを改善するような育毛剤を選択するようにしましょう。

 

栄養補給効果

40代女性用育毛剤

血行が悪いと頭皮に栄養が行き渡っていない可能性が高いので、直接育毛剤から頭皮へ栄養補給することができるような育毛剤を選ぶのがおすすめです。

 

保湿効果があるかどうか

40代女性用育毛剤

年齢を重ねると潤い成分も減っていってしまいます。

 

ただでさえ乾燥しやすい状態になっているので、外部からの影響を受けやすくなってしまいます。コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されている育毛剤を選ぶことがポイントです。

 

女性用育毛剤は40代女性の利用率が最も多い

女性用育毛剤は、40代女性の利用率が最も多いということがわかっています。

 

それは、更年期障害などが始まったり、女性ホルモンが減少してきたり、様々な理由などから薄毛や抜け毛が気になる年代に差し掛かっていることが大きな理由のひとつであると言えます。

 

加齢によって女性ホルモンの分泌量が減ることによって、髪の毛が細くなったり、ハリやこしがなくなっていってしまうのです。

 

これらは一時的なホルモンバランスの乱れや変化とは大きく違って、年齢を重ねていくとともにさらに状況は悪化する一方で、さらには今後もずっと続いていく症状になります。

 

対策として、まずは顔などのスキンケアと同じように、現状を維持するような頭皮とヘアケアが必要となってきます。

 

そこで有効なのは女性用育毛剤です。

 

50代で女性用育毛剤を使い始めるよりも、40代で女性用育毛剤を利用する方が、早めに対策を開始することが出来るのでおすすめなのです。30代で気になる人がいれば、もちろんその時点で使用を開始することをおすすめします。

 

女性用育毛剤の使用が早ければ早いほど、高い効果を期待できます。まずは現状を維持し、これ以上悪化させないようにするために女性用育毛剤を上手に利用していきましょう。

 

使い方は、顔に美容液を塗るのと同じです。

 

美容液を塗って顔の劣化を防ぐためには、50代よりも40代、など早ければ早いほど良いと言われています。

 

髪の毛もそれと一緒なので、気になり始めたらなるべく早く女性用育毛剤の使用を開始して、自分の頭皮や髪質にあっているものを使用することが重要になってきます。

 

育毛剤の主な役割としては、発毛や育毛の促進効果、脱毛の予防効果、フケやかゆみの予防、頭皮を乾燥から守る効果、頭皮のべたつきを押さえる効果、毛根の活動を活性化させる効果などになります。

 

自宅で対処するには女性用育毛剤の利用をおすすめします。
ただし、男性用育毛剤は女性用育毛剤とはまったく違うので、旦那さんの男性用育毛剤を使用してもあまり意味がないことが多いです。これは男性と女性で薄毛の原因が違うからです。女性用育毛剤を必ず選択する必要があります。